写真をしばらく封印。

2018.3・11

東日本大震災被災者の方々に哀悼の意を表します。

______


3月に入ってから、ほとんどカメラは弄っていない。
ばあちゃんの花が咲いたときに写真におさめるときや、
開花した梅とのツーショットのために野鳥を狙ったくらいだ。
それも長くて1時間で終わるし、毎日ではない。

習慣とはなかなか抜けないものだと思う。
いつ、また誘惑が襲ってくるかもわからない。
それが今の禁煙治療で痛いほどわかる。

逆をいえば、よいことに関する日々の習慣が、日常化されれば
かなりの成長が見込めるのではないかと思っている。


このままカメラもやめようと思っている。
これは完全に、誰のせいでもない私の弱さであったが、
カメラへの物欲は家庭経済を考えれば身の丈に合わず、
誘惑は家庭や仕事さえも影響していた。

優しく諭してくれる人なら
「それに気づいただけでも大きな成長ですね」
とでも言ってくれるだろうか。
現実を見れば、一言、バカとしか自分には言えない。
ただ、前にも書いたが、自責をしても現実は変わらない。
戒めとしての自傷行為のようなものだ。
この痛みを忘れないぞ、という戒めなら、
冷静な今なら、自責も無駄な行為でないように思う。
度が過ぎれば、自責のあまりに自分が壊れる本末転倒なのです。

________

カメラをいじらないことでのストレスは感じないのが幸いだった。
むしろ、後悔の念のほうが強く、
カメラ本体を見るだけでもわずかな嫌悪を覚えるほどだ。

ただ、タバコもしかり、のど元過ぎて、気を抜いたときにどうか
である。

そもそも、カメラだけでなく、仕事のストレスを、
衝動買いで埋めようとしていたふしがある。
それこそ大きなものでもない、1円本をネットで注文したり、
カメラの小物アクセサリ関係だったりした。

今は、4月からの新しい職場に向けて、日々すべきことを明確にし目標として
実行している。どれだけしたか、も大切だが、習慣化を目標に、
時々これまでの荒んだ自分を振り返り、成長
(といっても今までが底辺だったからか)を自分で、
ひっそり褒める。

[PR]
by kyouji19800920 | 2018-03-11 10:54
今日の、ばあちゃんへ >>